墓石施工のこだわり

当店墓石施工のこだわり

当店は山﨑が石工職人として墓石施工をさせて頂いております。
当店施工ですので 細かなところまで気を使いこだわり施工しています。
墓石図面作成・墓石施工・文字彫刻・仏像彫刻・仏像修復・間知石積・石張り・ブロック積(建築、スプリット),解体処分など
ほとんど山﨑が手掛けております。営業さんや下請け施工業者さんはいませんので お施主さんと私とで直接お話しをし当店施工を行います。


地盤の状態(固さ、水ハケ)を確認→基礎掘削ランマ転圧→砕石敷均し→生コン基礎ベース(鉄筋メッシュ入)→巻石舞台施工(ステンレス補強金具取付)→盛り土(バラス及びクラッシャ)→墓石生コン基礎ベース(石棺施工含)→墓石施工

気を付けているところ
地盤の固さが柔らかい場合・・・柔らかな土を除きグリ石敷をしバラス敷をしランマ転圧し生コン基礎ベース(7㎝以上)をしています。時にはコンクリート杭を打ち地盤基礎をしっかりと施工します。

巻石舞台施工で気を付けているところ・・・ステンレス補強金具取付。石材用コーキングボンドでの接着。
石材の合場をセメント接着する場合 石材切削面を荒らして凹凸をつくりセメントの付きを良くしている。
合場から入った水は乾かず石材がずっと濡れた状態になりますので、石材用コーキング目地をさせて頂いております。
盛り土ですが土砂やクラッシャーなどの水を含むものは表面には敷かないようにしています。
バラスなどのように強度があり水ハケの良いものを使います。土系のものは水を含むと冬に氷状になり膨張します。
その土圧が石材に伝わり重い石材も動かしてしまうのです。
時には巻石内立上り部分にコンクリートをしコンクリート壁により土圧を防ぐ場合もあります。
石張りをする場合 コンクリートと板石の間に気泡ができないように真空状態で張るようにしています。叩くと気泡が無い場合はコツコツと気泡がある場合はポコポコ音がします。

墓石施工で気を付けているところ・・・墓石は大変重いものですので、墓石の基礎はしっかりとしたものではなりません。基礎ベースの厚みは15㎝以上はある生コン基礎ベースをさせて頂いております。3重台の場合は、一番下の台は4つに組まれた部材ですのでステンレス補強金具取付をしています。合場の接着は石材用耐震ボンドでの接着をし地震に備えています。

石棺施工で気を付けているところ・・・石棺は地面の中ですので その中はいつも湿気があり骨壺と外の温度差で結露となり 骨壺内に水が溜まることがあります。中には石棺に水が溜まっているのも見たことがあります。
これは、石棺下部の土が水を通さない事と石棺深さが巻石下より深い場合(GLより下)にこのような状態になると思われます。
これを予防するため当店は、巻石舞台立上りを高くしたり、石棺下部に水抜きパイプ施工するか石棺を舞台高さより低くしております。

土が水を含むと土圧になり石材を動かしますし 生コンからのエフロ(白華現象)の原因や風化の原因でもあり施工をする上で水ハケが一番気になるポイントだと感じます。もちろん墓石石材も吸水率の低い石材が良質の石材といわれます。
私(山﨑)が先代から引き継いだ知識と30年余り墓石施工に関わってきた経験から私なりに試行錯誤し
後々まで変わらない墓石であってほしいという気持ちを込め施工させて頂いております。

石棺状態

石棺に水が溜まる原因


丘カロート墓石(地上納骨)
カロートには地下と地上と2通りの納骨が選べます。近くに水脈があり、水が心配な場合は地上納骨の選択もできます。
丘カロート墓石の場合は地上納骨ですので、水はたまらないと思われます。
この形は富山、九州、高知、島根の地域でよくみられます。
最近では、こちらの地域近畿中国地方でも建てることがありますし見かけることもあります。

以前奥様が亡くなり 奥様の実家が九州でしたので丘カロートを選ばれ建立させて頂きました。
丘カロート
丘カロート式墓石



スポンサーサイト

建墓のこだわり

家族の絆を繋いでいく一生に一度のお墓建立の行事を 山﨑石材店では太い信頼で繋がった石材産地職人同志とともに、品質や技術はもちろんの事お客様一人一人の想いを大切に 心のこもったお墓づくりを心がけております。

●建墓の際には家を建てると同様に、その外見だけではなく、基礎工事や補強も
墓石の強度・耐久性の観点からは重要な要素となります。


【軟弱地盤への杭打ち及びベタ基礎】
軟弱地盤に杭打ち施工し区画内生コンベタ基礎ベース施工しました。杭の種類も色々ありますが今回はコンクリート杭打設

墓石に外柵合わせると3tを超します。そして、基礎コンクリートを含めると4t~5tです。

基礎コンクリートの厚みも厚すぎると地盤が重みに負け傾斜することもあり、15㎝前後を目安にしております。

基礎コンクリートの面積も外柵より広くし 重みをガンジキのように広く受け止め重量分散するようにしております。

最近の埋葬は火葬で 昔のように土葬の棺桶の空間が地表に上がり穴が開いたり墓石が傾いたりすることは少なくなり

ました。そして、亡くなられた方の気持ちも考え「コンクリートでふさぐと息ができないのでコンクリートを使わないで」・・など

のような希望もありました。しかし、近年は地盤の転圧、コンクリートを使い後々まで、傾かない施工を心がけております。



コンクリート杭打設





区画内グリ石敷き→ランマによる地盤強化→鉄筋メッシュ及び生コン基礎ベース厚み18㎝




外柵内側立ち上がりコンクリートによる
巻石直接にかかる圧力の防止




当店は盛り土に土は使わず砕石を使います。
なぜか?土は水を含み時に氷になり
膨張縮小し それが土圧になり巻石を圧迫し動かしてしまいます。

砕石は水ハケが良く強度もあり 膨張縮小がありませんので巻石への圧迫は少なく 重みで沈むことも少ないです。




天場コンクリート水抜穴および墓石基礎ベース



その他 土壌自体の地盤改良で強固な地盤にする方法などありますが 今回は杭打施工でした。
地盤改良剤による 地盤強固施工は、
改良剤による土壌汚染が気になります。

【生コン配合】
石材など重量物が建つ基礎ベースなどの 生コン配合も呼び強度18以上を使い充分な強度のある配合です。
そして、エフロレッセンス(白華)現象がおきないように配合の際に注意しています。

●エフロレッセンス 白華現象がおきている良くない例の外柵(参考写真)
画像1
原因
原因には大別して次の3点があげられる。
①セメントモルタルやコンクリートの結合水以外の余剰水が乾燥するにつれて表面に溶けやすい物質を含んだままでにじみ出てくるため。
②セメントモルタルやコンクリート自体は気乾状態に落ち着いていたがほかの部分から水が侵入して可溶成分を溶かし
  ひび割れなどから表面に出てきて乾燥し折出したため。
③セメントモルタルやコンクリートの表面が外気温の低下によって結露を生じその結露水を吸収してそれが可溶成分を溶かし
  ひび割れなどから表面に出てきて乾燥し折出したため。

処理・対策
対応策としては、

吸水率の低い石種を用いる。

緻密で引張強度の強い石種を用いる。

石にコーティング処理をほどこす。(ただし欠点があります)

モルタルに白華防止剤を混入する。

排水性を促し、耐水性を考慮した構造にする。

エフロ除去剤での除去







【創業から130年引き継がれた熟練石材職人の技】

☆ 当店は一級石材施工技能士の資格を所得したものが常時しております。


●仏像彫刻
最近は中国加工の石彫刻品及び既製品が多いですが、
小さなお地蔵様などは当店でも彫刻ができますのでよろしくお願いします。


国内加工山﨑誠次作
地蔵菩薩・薬師如来・大黒天レリーフ(蔵に取付)・鳥居額・荒神様自社彫刻270614_110216935739524_3025533_n.jpgIMG_00811.jpg荒神山﨑作

20年あまり前に彫刻した地蔵様 良い具合に苔むしていました。
DSC_00853.jpg








中国加工の石彫刻品水子地蔵(舟形地蔵菩薩)

 
写真はどちらも中国加工ですが少し彫りが違うように感じますね。
当店は中国彫刻品も見極めて良いものを納品させて頂きます。

国内加工と中国加工の違い (彫刻品の場合) 
中国加工の石彫刻品は、ほとんどが電動工具で削り仕上げもグラインダー仕上げですが、
日本の職人さんが刻んだものは、ノミで削り仕上げも小叩き仕上げというノミで全体を叩いて気持ちを込め 最後まで丁寧に完成させます。


【最新CAD・CGシステム/CG】

最新のCAD・CGシステムを採用しております。
お客様のご要望をよりリアルな完成予想図でご覧いただき石碑・外柵のデザインだけ ではなく各部の石目なども事前にご確認いただけ細部までこだわった墓石をつくることができます


画像2


画像20

プロフィール

山﨑石材店

Author:山﨑石材店
写真:大黒様レリーフ(山﨑誠次作)

石職人の心・豊富な知識と経験からお客様のご要望にお応えします。

お墓の建墓から墓地清掃・墓石クリーニング・墓石撤去処分・文字彫刻・小物石像彫刻・ブロック積など、ほとんどの作業を私と家内(山崎)が石職人として行っております。石屋夫婦だからこそできる低価格でのご提供をさせて頂いております。石の事ならお気軽にお問い合せください。

兵庫県佐用郡にある山﨑石材店
【事業案内】
・家族墓・夫婦墓・永代供養墓 
・個人墓・吉相墓・ペット墓・ブランド墓石
・石灯籠・歌碑・墓地造成・お墓の建て替え 
・建築石材・石彫刻品・古石彫品修復複製・改修補修 
・リフォーム・墓石クリーニング
・お墓の掃除お参り代行など

兵庫県石工技能士会会員
●資格(厚生労働大臣公認一級石材施工技能士 
第12-1-150-28-0004号) 
(労働大臣公認一級石工技能士 石加第23号)
→もっと詳しく:ホームページへ

→facebookページへ

戒名等の追加文字彫刻価格

追加彫刻 墓誌彫刻35,000円~                        仏石8寸角彫刻50,000円~              仏石9寸角彫刻55,000円~              仏石1尺角彫刻60,000円~       

最新記事

facebookページ

お墓の窓口

お墓の窓口

お墓の魅力発信「ぐれい部」

graveclub_25.jpg

日本の銘石物語

20141020_165239.png

【お墓参りと祖母と私】最優秀作品

お墓物語banner300_60

デザイナーズブランド墓石

皇潤デザイン →こちらへ bnr01.jpg 522873_206473212795873_1451347273_n.jpg SQUARE-catalog (2)

カウンター

ペットのお墓お参り

ペットのお墓